国内旅行で格安航空券を利用する方法3つ

飛行機を利用する国内旅行の場合、移動費を節約するために格安航空券を利用することができます。

国内の格安航空券をご紹介します。

格安航空券の種類は「正規割引航空券」「旅行会社が販売する航空券」「LCC航空券」の3つがあります。「正規割引航空券」はレガシーキャリアの早割や先得などの航空券を指します。
予約と同時に便や座席が決定する、機内サービスが充実、座席の間もゆったりしているなどのメリットがあります。
しかし、半年前などかなり前から予約する必要があり、基本的に他の格安航空券に比べると高いので、安さを追求する場合はあまりおすすめできません。


「旅行会社が販売する航空券」は航空会社が旅行会社に卸したツアー用の航空券をばら売りするものです。

正規割引航空券よりも安く、閑散期は特に割引率が高いというメリットがありますが、出発直前まで便や座席がわからないことが多いです。



「LCC航空券」は2012年から日本国内でも就航している格安航空会社の航空券を指します。

正規料金そのものが安いというメリットがあり、キャンペーンなどを利用すると国内線片道1000円以下というものもあります。しかし、利用者の多い路線でしか運航がない、荷物の重量制限が厳しい、機内サービスが有料、座席の間が狭い、ターミナルまで遠いなどのデメリットがあります。



LCCの登場により格安航空券の選択肢が広がりつつありますが、旅行やビジネスなど目的に応じて3つの格安航空券を使い分けると便利です。