Googlemapでルート検索を便利に使う

subpage01

Googlemapを便利に使う方法としてルート検索があります。

誰かと待ち合わせをする際に、目的地の場所やどのように行けばよいのかを調べるのに便利な機能です。


その際に「目的地」を検索してから「出発地点」を決定するなど、「出発地点」と「目的地」を別々に指定している場合があると思いますが、もっと簡単で便利にルート検索を使う方法があります。
例えば最寄りの「◯◯駅」から出発し、目的地「△△ビル」までの道順を調べたい場合、検索窓に「◯◯駅から△△ビル」と入力します。
すると、Googlemapの検索結果画面にいくつかのルートが提示されるので、どれかひとつをタップすれば降車する駅、途中で乗り換える場合の所要時間などの詳細が表示され、Googlemapの画面上には縮尺の大きな地図で「◯◯駅」から「△△ビル」までの道順が表示されます。

納得のGooglemapの詳細はこちらで簡単に調べられます。

目的地が有名な地名や店名、施設名であれば問題ありませんが、目的地に設定する場所や建造物によって候補が複数表示される場合もありますので、その場合は目的地に間違いがないかを十分に確認したほうがよいでしょう。



事前に職場や自宅、最寄り駅などを設定しておくことで、そこから目的地までのルートをスムーズに検索することができます。

よく行く場所などは登録しておくことでGooglemapのルート検索機能をより使いやすく便利に活用できますので、おでかけになる機会の多い方におすすめできる使い方です。